掲載日:2018年10月29日

トークセッション:「特定非営利活動促進法成立20年・公益法人制度改革10年~非営利セクターのこれまでとこれからを考える」

本事業は、申し込みが定員に達したため、受付を締め切りました。

 特定非営利活動促進法(通称NPO法)の施行から20年が経ち、また公益法人制度改革から10年が経ちました。法的枠組みが整備・改正されていく中で、市民社会における公益・公共のあり方や担い手がどう変わり、また今後どう変わろうとしていくのかをみなさんと共有し語り合う場としたいと思いますので、ふるってご参加ください。

*本事業は、当センター設立20周年及び20周年を記念して出版された「京都発NPO最善戦―共生と包摂の社会へ」の出版を記念した事業の一環として、きょうと地域創生府民会議の協賛を得て開催します。

登壇者

杉岡 秀紀氏

福知山公立大学地域経営学部准教授、北近畿地域連携センター長。専門は公共政策(地域政策)、地域公共人材論、NPO 論。大学時代にまちづくり NPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰。特定非営利活動法人きょうと NPO センターフェロー。主な著書(共編著・分担執筆)として『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2013)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015)、『「みんな」でつくる地域の未来』(公人の友社、2017)、『NPO 最善戦』(京都新聞出版センター、2018) ほか多数。

 

平尾 剛之

特定非営利活動法人きょうと NPO センター常務理事・統括責任者、一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事、京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構理事・幹事長など兼務。公益財団法人京都新聞社会福祉事業団勤務を経て、2007 年 4 月に特定非営利活動法人きょうと NPO センターに入職。団体の組織基盤整備・強化にむけたコンサルテ―ション及び資源開発・仲介、非営利組織を対象とした評価研究・実践等の活動を行っている。2018 年 6 月編著「京都発 NPO 最善戦―共生と包摂の社会へ」発行。

 

概要

開催日2018 年 12 月 6 日(木)
時間18:30~20:30
定員30 名
参加費無料
会場府庁 NPO パートナーシップセンター 会議室
マップ
アクセス地下鉄:「丸太町」下車、徒歩 10 分
市バス:10 系統、93 系統、202 系統、204 系統、「府庁前」下車徒歩 5 分

京都発NPO最善戦―共生と包摂の社会へ」をテキストとして使用します。

後援

京都新聞

協賛

きょうと地域創生府民会議

参加申し込みフォーム

本事業は申し込みが定員に達したため、受付を締め切りました。

団体名称
お名前*必須
お名前(ふりがな)*必須
上記以外の参加者のお名前
メールアドレス*必須
参加動機(任意)

支援のお願い


きょうと NPO センターは、ボランティア活動や市民活動をはじめとする非営利の社会貢献活動の発展のため市民協働型社会実現に向け様々な事業を展開しています。
持続的な事業展開のために私たちの活動趣旨にご賛同くださる皆さまのご支援をお待ちしております。

ゆうちょ銀行口座:00950-8-135360 きょうとNPOセンター

私たちが運営に携わっている施設や事業


京都市市民活動総合センター
京都地域創造基金
社会的認証開発推進機構
まちしごと総合研究所
市民活動情報ポータルサイト by 京都市市民活動総合センター
京都 公益活動ポータルサイト きょうえん
京都三条 ラジオカフェ FM 79.7MHz
Menu